ムラド・チェンカエフ
ActionScriptにはまってからというもの、寝ても醒めても数式のことを考えている。
マウスの動きに対してオブジェクトがどう動くか、とか、スコアが高くなるにつれて敵の動きが変化するとか、そういう事を関数に翻訳しながら頭の中で考えている。

今考えているのは、マウスに追従するインスタンスに対して子インスタンスが数珠つなぎになって追跡してくる式。
ドラクエのパーティキャラみたいに、本体の動作が止まったらその場で止まってくれるのを考えてるんだけど、オブジェクトを指定して止めるのが、わからん。
x座標、y座標が一定以上離れないようについて来させるのは出来るんだけど、縦横が明確すぎて違うのね。
斜めに移動する時、スムーズじゃないの。




解決する案として辿り着いたのは、元のキャラの座標を(x1,y1)として、ついてくるキャラの座標を(x2,y2)とした時に(x1,y1)と(x2,y2)の間隔が一定以内になってればいいってことなんだけど、ここがわかんないの。
代数・幾何で習った三角関数を憶えていればつまづかなかったんだろうけど、当時は黙殺してたんで。
そんなわけで今、三角関数と戦っているよ。

人生をもう一度やりなおせるなら、高校卒業までに勉強したいことってたくさんあるんだね。英語と世界史も、今なら先生に追求したいこといっぱいある。
勉強って、なんにもすることがなくなると、したくなるね。
by 15kin | 2005-11-04 01:35 | 日記
<< デカルト コタツを出したの巻 >>



花を咲かせるのに言葉はいらない