黒霧島
今年ももうすぐおしまい。
大晦日に「今年も頑張った〜」って言えるようにラスト10日間は残業して頑張ることにした。残業つっても大工仕事は騒音が付き物なので、夕方7時半ぐらいまでが暗黙の了解だけどね。7時になったら機械類は片付けて、あとは掃除したり整理整頓したり。

40日のブランクの間に衰えた体力もほぼ回復したし、動いているとそんなに寒くない。なんにも考えないようにしてきびきび動いていれば、そんなに疲れも感じない。
「寒いから明日にしようかな」なんて迷うと、モチベーションが一気に下がるから考えない。迷ったら、それ以上は非効率的なので帰る。
あと一人で仕事をしているというのも、こういう時は救われる。誰か一緒だとそいつに気を使うからね。それに全員無言になったりして「疲れの雰囲気」が漂うと、連鎖的にみんなモチベーションが下がってしまうから。
d0040508_2115699.jpg




毎日早寝早起きをして体を動き回らせていたら、だらだらしていた時には眠っていた性格が目覚めたり、毎日ウンコが出るようになったり、自分の中のいろんな部分が活性化される。
日曜日、寒かったので朝からコタツに胸まで潜っていた。でもその体勢だとあんまりすることがないのでオナっていたら、夕方4時ごろまでに5回いった。
4回目、5回目ぐらいになると精子もスズメの涙ぐらいしか出ないけどね。

知り合いの大工でもうすぐ60歳になるじいさんがいるんだけど(もちろん孫もいる)、彼は365日毎晩セックスしている。浮気はしないので、相手はいつも奥さん。

感心したのは、現場の都合で出先に泊まりになる時は、奥さんも同伴して連れていくの。奥さんはもちろん婆さんだよ。仕事の手伝いができるわけでもないので、セックスのためだけなのだ。
by 15kin | 2005-12-20 21:34 | 仕事
<< 水銀灯の光って黄色く写る エアラダ >>



花を咲かせるのに言葉はいらない