サンタクロース
朝も9時を回った頃、見知らぬ老人が現場に現れた。作業着を着ているんで、なんらかの業者なのだろうと思って挨拶したらシカトされた。
なのでこっちもそれ以上追求するのやめて、自分の仕事を続けてた。
老人はにやにやしながらこっちをずーっと見つめていた。
その状態が5分ちかく続いたんで気持ち悪いから「あんた、だれ?なんの業者さん?」て聞いたら、「えへへ、えへへ、今日から手伝いに来たんですけど」だって。

ここの建築会社に直属の社員職人ということらしい。手伝いに来たというわりには、手ぶらで突っ立っているだけなのね。
「道具もってこなかったの?」って聞いたら「ドライバー持ってきた」だって。時計とかプラモデルの高いやつ作れるね。
d0040508_2154547.jpg
めんどう臭そうなので、イワナ大王におまかせした。
後で大王に聞いたら「何を言っても笑ってるだけだから恐かった」だって。
明日から大王が来ないから、ちょっとマンツーマンだよ。
今夜は野菜を食べて、何があっても負けないようにする。
by 15kin | 2005-12-26 22:15 | 仕事
<< 海のある街 磯山弁財天 >>



花を咲かせるのに言葉はいらない