妊娠チュー
おじさんたちが朝から土間を生コンで埋めに来ていた。
手押しの一輪車の事を「ネコ」って呼ぶんだけどね、おじさんたちは4人で来ているのだが、ネコは一台しかないの。

小さいおじさんがネコを持ってて、他の3人のおじさんがスコップでネコに砕石や砂を入れる。
ネコはトリプルスコップによってすぐに一杯になり、小さいおじさんは重いネコを押しながら土間までいって「うわーー」とか叫びながら土間に砕石をあけて、またトラックの荷台に戻る。
d0040508_21461870.jpg
おじさんが行って戻ってくる間、3人は世間話。
そしてまた三人がかりでネコにいっぱい石を積む。

どう考えても小さいおじさんは不利だし、労働的にも公平じゃないの。
だけど小さいおじさんは「交代してよー」って言わないの。
一日中、ネコを押していた。
ネコ2台用意すれば、倍の効率で仕事が終わるのによー。
d0040508_21544695.gif
今日はイワナ大王が手伝いに来てくれた。
2人で2.5人分の働きはしたと思う。そのぶん疲れるけども、効率はよろしい。
大王はなんでこんなに働くんだろうと思ってたら、もうすぐ嫁が出産するんだって。産め産め。
by 15kin | 2006-01-10 22:01 | 仕事
<< 書きたいことはいくらでもあるぜ ★坂道に出現する障害物を応募し... >>



花を咲かせるのに言葉はいらない