ワークマン
昨日ナマコンをいじっていたおじさんたちこと通称【オジサンタチ】は、今日は私の手伝い。
「なんでも手伝う」と豪語するので、パワー系のと細かいめんどくさい仕事を押し付けてみた。うさうさ脳は人使い荒いかも。

それはよいのだが、三人ともツーバイのやり方は知らんので、いちいち最初から手順を説明しなきゃならない。そうなると結局自分の仕事を出来なくなるんで、効率はそんなに上がらないのね。
でも指図してるだけなんで体力は楽。
日差しも暖かいからたまにはこんな日もありだなあ。
d0040508_202524.jpg
写真・奥。
初日にドライバーだけ持ってきた何にもしないおじさん。
みんなからは『ジョーム』と呼ばれている、【オジサンタチ】の隊長。
しゃべらないし、なんにもしない。でもときどき他のおじさんの事を怒鳴ったりして存在をアピール。
足に物を落としても痛くないように安全靴を履いているが、「つま先が硬い部分に当って痛い」んだってさ。

写真・右。
板垣さんこと、通称『IT』。
オジサンタチ屈指のぱわーふぁいたー。
「傷がつくから叩いたらダメー」って言った部分を、即叩くアナーキーな性格の持ち主。
ギガンテスとは靴がおそろいの仲。

写真・背中。
『ちいさいおじさん』こと通称ギガンテス。誰からも呼ばれないので、名前不明だがネゴシックスに似ている。
よくしゃべり、身軽ですばしっこい。だが発言は9割は空振りしている。
そんな待遇だがジョームにはとても忠実。
酸っぱいドリンクが好き。

ジョームはいつも見てるだけなので、私は意図的にジョームに仕事を頼むのだが、ちょっと目をはなすといつのまにかギガンテスが嬉々としてその作業をしていて、ジョームは見ている。
by 15kin | 2006-01-12 20:58 | 仕事
<< ジョーム、動く 書きたいことはいくらでもあるぜ >>



花を咲かせるのに言葉はいらない