エロ兄貴
エロ兄貴と遊んだよ。
お昼に佐野駅に来る計算なんで、迎えに行った。
ティッシュの箱を持った変なおっさんがいるなあ、と思ってたら兄貴だったよ。おっさんはとてもフレンドリーだった。
道ゆく通行人に、普通にでかい声で話しかけてた。都会にはいないタイプだよなあ。

まずはラーメン屋だか中華料理屋で乾杯した。おっさんはすごく声でかい。
でかい声で「マンコねえさん」とか「ポコチン」で盛り上がった。客が他にいないしね。ひまめろさん、田端さん、トーマスくんに酔っ払ったいきおいで電話をかけた。みんなオトナの対応をしてくれた。
穏やかな日曜日だったのに。

その後、酔い覚ましに駅周辺を散歩。おっさんはやたらと彫刻を触りまくる。彫刻のマン筋を気にしていたけど、残念ながらデフォルメされている。駅前だからな
d0040508_20321253.jpg
ラーメン屋のクーニャンにちょっかいを出す兄貴。

その後、駅前の噴水でコーヒー飲みながらだらだら。ストリートミュージシャンの女の子に絡んだりしていた。500円あげた。
兄貴は金に対して執着してないとこが気持ちいいんよ。

そして【養老の滝】へ。
あいかわらず呑んだり食ったり。兄貴は高齢なのだが、よく食べる。つまみをばしばし注文している。痩せてるんだけどね。私よりも食べるね。
そして人格に何回も電話した。「次、電話したら本音がわかる」とか言いながら電話してたよ。けっきょく「人格はいいやつ」ってことで落ち着いたよ。そんなの知ってるけどね。とりあえずおやじに代わって謝っておくよ。ごめんよ、おんなじことばっかり言ってて。
あと年齢は、本当だからね。
兄貴は世の中の流れとか、関係ないんよ。ずっといっしょう落ち着きがないの。

心に裏表もないし、でかい人間だったよ。かぎりなく自由だし。
こういうおっさんが存在してるっていうのが、すごく嬉しいなあ。
500人に1人ぐらいしかいなさそうだけど。恋人といっしょにいるよりもリフレッシュされたよ。
by 15kin | 2006-01-29 20:59 | 日記
<< 喉が渇く話を聞かされたら、もらい渇き なめ美日和 >>



花を咲かせるのに言葉はいらない