さよなら自転車
マチズモさんとは9年来の付合いになる。
人付き合いの幅が狭くて浅い俺には、奇跡的な長さだよ。でも仕事以外の付合いはしていないんだけどね。

吉祥寺の安いアパートに引っ越ししたばっかりのころ、深夜に部屋で友達と呑んでいたら電話がかかってきた。
相手は中学からつるんでいるダチで、建築会社に就職していて、知り合いの大工が求人してるってことだった。ちょうど引っ越ししたばかりの俺は、仕事を探していたということもあり、呑んでいる時だったんで早く話を打切りたかったのもありで「詳しいことは明日、会って聞く」って電話を切ったの。

次の日の夕方、酔い覚ましにそいつの会社までとぼとぼ歩いていったら、そこには友達とマチズモさんが待っていた。マチズモさんはパンチパーマの伸び切ったみたいな髪型に原始人のような体をしていて、凶悪な風貌だった。話を聞くだけの予定だったのだが、なんだか面接みたいな空気になってて、しかも面倒くさいから俺は断ろうかと思ってたんだけど、友達が気を利かせてるんだか知らんが、すごくプッシュしてるんだよ。
ていうか、面接というより、すでに「これからよろしくお願いします」という形で話は進んでいたらしい。

仕事の現場は都内。家賃は必要ない。という話だったんで、まあいいかと思ってよろしくお願いすることにした。
次の日、何も考えずに吉祥寺のアパートをさっそく引き払った。引っ越して一ヶ月も経っていなかったんで、大家が不信感をあらわにしつつも敷金をちゃんと返してくれた。
荷物はほとんど梱包したままだったので、引越作業は楽だった。
おしまい。
by 15kin | 2006-01-31 21:10 | 仕事
<< そういえば 喉が渇く話を聞かされたら、もらい渇き >>



花を咲かせるのに言葉はいらない