性神の館
うちからだと、宇都宮の先なので車で2時間ぐらいかかるのだが、数年前にこのへんで仕事した時から気になってたの。
d0040508_2032436.jpg
秘宝館みたいなアトラクションだよ。

入館料は大人千円。
小太りなおじさんがガイドをしてくれる。勝手に好きなように見学したかったんだけど、コースが決まってるんだって。小太りなおじさんのトークプログラムに沿って見学するの。よくしゃべるんだ。

まず最初に、栃木県内のエロ神事やお祭りや、男根・道祖神スポットの紹介。
次に、日本全国のそれ。
ちんちんやおっぱいがついてるハニワ。
カーマスートラ。
海外のいろんな部族のちんこ・まんこネタ、関連オブジェ。
歌磨呂・北斎、江戸時代の性具。
明治・大正・昭和の性具や、性行為を題材にしたアートの紹介、と貴重品がづらりと並んでいたよ。
d0040508_2057344.jpg
金精大明神。
巨根とセックステクニックだけで【法王】まで昇りつめた道鏡禅師の巨根を祀っている。道鏡は「正座すると、膝が3つある」とまで言われていた。
d0040508_2114479.jpg
ゆるいイラストの絵馬。「奉納」だって。

最後に「オマケの映画」というのがあって、10分間程度のエロ映画を見せられた。
タイトルは【桃尻ナースの裏筋クリニック】。主演は五十嵐こずえだった。
他に誰もいなくて俺ひとりで見てるの。なんだ、この仕打ちは。
by 15kin | 2006-02-05 21:08 | 散策
<< 石みたい イズム全開 >>



花を咲かせるのに言葉はいらない