現場二日目
今日も働いてたら、ふいに誰かに話しかけられたの。
声のほうを振り向いたら、隣の家のブロック塀の隙間から若くてきれいな奥さんが俺に。
「一人で大変ですねえ。一息いれてください。ビンはここに置いといてくださいね」って言って、塀の隙間から伸ばした手にはリポ○タンDが握られていた。

リポ○タンDはキンキンに冷えてた。封も切ってないし、匂いを嗅いでみたけど農薬の臭いもしなかったので、ありがたく頂戴して、ビンを壁の隙間にはさんでおいたよ。
その時ふと思いついたんだけど、これは誰にも怪しまれずにさりげなく間接キスをする作戦なんだと。
d0040508_22452363.jpg

隣の家のブロック塀の隙間の若くてきれいな奥さんはこういう方法だったのだが、他に間接キス作戦はどんなものなのか、掘り下げてみたいものだね。

好きな子が海で溺れる → ライフガード、助けて人工呼吸 → 自分も急いで溺れる → ライフガード、助けてくれて人工呼吸 → 大成功!!

・・・みたいなのを考えてください。

今夜のブログはちょっと頑張った。
by 15kin | 2006-04-15 22:51 | 仕事
<< 現場三日目・四日目 現場1日目 >>



花を咲かせるのに言葉はいらない