ふいに思い出した。
朝の夢って、目が醒めてしばらくすると忘れるけど、また眠くなると思い出すね。
今朝はこんな夢。

知り合いがレトロでかっこいい感じで、なおかつ仕事道具もたくさん積める車を格安でゆずるっていうの。
オレ好みの丸っこいデザインだし、緑色だし、いい案配に錆びてて気にいったんだけど「なんでそんなに安いの?」っつったら「死亡事故があったんだ」って言うの。

「そんなの気にしないよ」って言ってトランクを開けたら、血まみれのイケメンの屍体が横たわってるの。「嗚呼、この人が死んだのかぁ」って思った。
「これ、どかしたら大丈夫だなあ」とも思った。

でも、どかすのが面倒臭いから、そのままドライブに出かけたよ。

そのあと友達から遺言めいた手紙が届いたの。「この手紙を読む頃、俺は死んでいるだろう」って。
その友達の豪邸にいったらやっぱり既に死んでいて「この家のどこかに遺言が隠してあります」っていうダイイングメッセージが残っていて、植木鉢の中とか探すのだが、螺旋階段を降りている途中で道に迷って、あきらめてドライブに行ってしまう。
by 15kin | 2006-04-29 23:40 | 日記
<< 手伝い二日目 休息・手伝い一日目 >>



花を咲かせるのに言葉はいらない