金欲しい
昨日のババアが、ピョン子のほとぼりも覚めやらぬ今日、回覧板を届けにきて、おまけに余計なことを言ってったんで、爆発したピョン子が素手でガラスを割ってしまった。

「血がとまらない」ってメールが来たんで慌てて電話したけど、救急車を呼ぶのも嫌だと言うので、急いで帰宅した。足利から壬生まで15分、ハイスコアだった。
家についたら、ごみ箱の中には真っ赤な薔薇のようにティッシュが詰まっていて、枕もとにはピョン子の血と涙で重くなったタオルが二本伸びていた。

ピョン子は意識があって、出血もだいぶ治まっていたのは幸いだったが、ピョン子の痛々しい様子を見てたら涙が出てきてわあわあ泣いてしまった。ピョン子も泣き出し、二人でさめざめ泣いた。

一日も早くピョン子をこんな場所から遠ざけたいけど、実家に帰るのはふたつへんじで嫌だと言うし、数日中に引越し出来るほどの予算もない。
こういう状況の時こそ、第六感が研ぎ澄まされてロト6が的中すればいいのにと思う。
by 15kin | 2007-12-20 22:15 | 日記
<< 菊人間 アラゲキクラゲ >>



花を咲かせるのに言葉はいらない