菊人間
仕事中、ピョン子が救急車で運ばれたんで病院に行ったよ。
ピョン子が蚊の屁のような音声で何か囁いてるんだけど、アコーデオンカーテン越しのベッドでは何やら大騒ぎしていて、うまく聴きとれないの。
看護婦が大声で「浣腸したら出ましたよー」と叫んでいて、男の医師が「おじいちゃーん、お尻に塗るよー。いきますよー」って予告してんの。
おじいちゃんはノーコメントで、付き添いの家族がそれを怒鳴りつけて、看護婦が「怒らないで、怒らないで」って言ってんの。
カーテンの向こうの絵が気になって仕方なかった。

ピョン子の状態はというと、専門医がいなかったんで「風邪です」だって。話にならないって思って「はい」って言って引き上げた。

帰る途中から、ピョン子は牛肉が食べたいぐらいに回復したんで、鳥肉を買った。まあ、落ち着いたんで安心したの。

ところが夜中になったらピョン子のおなかが激しく痛みだしたので、再び救急病院へ。
血液検査とかいろいろしたけど原因不明だって。ウンコを調べるってことで山崎医師にピョン子の後ろのヴァージンを奪われてしまったよ。

帰る途中から、おでんが食べたいぐらいに回復したから、おでんを買った。
安心した。
by 15kin | 2007-12-23 22:16 | 日記
<< ゲーム作った 金欲しい >>



花を咲かせるのに言葉はいらない