八幡宮
現場のそばにかなり古い八幡さまがあった。

真っ昼間でも境内にはほとんど日が射さないくらい大きなクリの木が生い茂っていた。
そこから立ち篭めるザーメンの匂いに導かれて、昼休みの腹ごなしにちょっと探険。
d0040508_2195740.jpg
クリの葉っぱに太ったアマガエル。おもいっきり発見されてるのに、意地でも動かない。

d0040508_21122965.jpg
鳥居。1703年にこの場所に立てられて以来、一度も倒れたり移動されたりもしていないらしい。小山市で5番目に古い指定文化財。綱はビニールだったけど。
鳥居の奥にはドングリの並木。
巨大すぎて伐採されてしまった、こたつぐらいある切り株の間に、最近植えたっぽいドングリが生えてた。

d0040508_2116858.jpg
センスのない落書き発見。
普通、SPECTERだろうに。東京や埼玉にもSPECTERいたよ。フランチャイズか?

d0040508_21183491.jpg
ヤンキー。他に気の聞いたフレーズは浮ばなかったのだろうか。
by 15kin | 2005-05-26 21:25 | 散策
<< 木曜日 ハツカネズミ >>



花を咲かせるのに言葉はいらない